会長あいさつ

会長 中川秀樹

平成28年度
宇和島YEG
会長 中川秀樹

さあ、平成28年度のスタートです!昨年度は30周年を迎え、そして新たに31回目となるスタートを切ることができました。これもひとえに、宇和島YEGとして地域のためにご尽力いただきました諸先輩方、宇和島商工会議所をはじめといたします関係各位の皆様のお陰です。厚く御礼申し上げます。また、30周年記念事業におきましては、愛媛県、宇和島市、宇和島商工会議所からも多大なるご協力、ご支援をいただき大盛況に終わり、これからの宇和島YEGの発展にも繋がったことも重ねて御礼を申し上げますと共にやり遂げた青年部メンバーの皆さんにも敬意を表します。

さて、我々青年部、地域の青年経済人として一番に気にかかることは地域経済についてではないでしょうか。この宇和島でどれだけ地域の経済的発展の支えとなることができるのかを常に考えていかなければなりません。日本経済におきましては都市部では景気が良いとされているようですが、まだまだこの宇和島ではそう感じられている方は少ないのではないでしょうか。

さらに、人口減少問題においても考えていかなければなりません。現在の宇和島の人口は80,000人を下回り、10年後にはさらに1万人減り、2050年には43,000人という現在の半分近くまで減少するデータが発表されています。高齢化が進むと同時に、若い人が都会へ行ってしまうシステムを変えていかなければなりません。これらの問題をどうすれば良いかを考え抜き地方創生を目指すことが、我々青年部の役目だと思っております。 

そこで今年度のスローガン 宇和島YEGスローガン

繋がりを大切に繋がること、繋げること。
これまで出会った人との繋がりと今から出会う人の繋がりを大切にし仲間作りを行い、地域の経済を発展させること。
また、宇和島の歴史や文化、宇和島YEGの歴史を繋げることで地域も発展させること。そして、明るい未来の宇和島のために活動していくことを目的といたします。

地方創生事業で未来の宇和島を考える。
「人口減少問題ハッピー大作戦」とし、宇和島市総合戦略にある結婚活動の支援として婚活イベントを実施し、人と人とを繋げる、未来の人口減少問題に向けた様々な取り組み活動をいたします。

会員増強活動を行い、さらなる宇和島YEGの発展を目指す。
平成30年に開催される愛媛県大会宇和島大会は100名体制を目標に掲げ、会員相互の自己意識の向上と人との交流を行うことを目指し、人と人との繋がりを作り、未来の宇和島YEGのために活動していきます。

最後になりますが、青年部の皆さんにはぜひとも~繋げよう~という言葉を心に秘めていただき、青年部活動並びにご自身の仕事でご活躍されることで、さらに皆さんが地域を支える青年経済人としてこの宇和島を支えて頂くことを祈念いたしまして、平成28年度、第28代会長としてのご挨拶とさせていただきます。これからも共に繋がっていきましょう。

会員・事業所紹介平成28年4月21日 現在

会員名 事業所名
会長
中川 秀樹
ナカガワ真珠
事務局
崎須賀 爵行
宇和島商工会議所
アドバイザー会員
小櫻 博規
宇和島市役所

地方創生委員会

会員名 事業所名
副会長
高田 賢治
高田実業
委員長
亀田 尚人
宇和島自動車(株)
副委員長
中川 立治
なかつ屋
副委員長
中村 啓人
(有)丸忠
井上 真紀 aile美容室
今城 翔太 医療法人 沖縄徳洲会
宇和島徳洲会病院
近藤 陽一郎 (株)プリンセスライン
眞田真紀子 Salon Le Coeur
(サロン ル クール)
田中 節祥 宇和島郵便局
谷田 真紀 風花 宇和島店
つじ 看板屋 TSUJI.DESIGN
豊島 竜二 (株)豊島塗装
豊田 佳秀 (有)トヨハウス
中村 沙知 CLUB GOLDS
松本 和郎 (有)松本真珠
向田 洋一郎 居酒屋むこちゃん
安田 桂 (有)アクアプラス
直前会長
井上 恭雅
(有)トータル・システム
木下 洋平(まつり頭 木下正月堂
井上 和也(県大会) 伊予醸造(株)

広報委員会

会員名 事業所名
副会長
森岡 敏樹
(資)森岡金物店
委員長
渡部 太輔
学校法人 八幡学園
八幡幼稚園
副委員長
村井 宝史
ムライカメラ
副委員長
沖 良彦
(株)エフォート
有請 崇 (有)うわじまの料理や 有明
石丸 敏光 (有)ほづみ
門田 誠治 居酒屋もんた
滝川 真二 滝川水産
豊田 敬史 豊田工務店
一級建築士事務所
中畑 仁志 一若建設(株)
福徳 隆 フジトラベルサービス
トムズ宇和島営業所
松本 和晃 宇和島信用金庫
本店営業部
松本 尚也 松本水産
元藪 陽平 食の幸ひだまり

総務委員会

会員名 事業所名
副会長
中川 誠一
(株)モテコロラボ
委員長
杉本 聡
三和産業
副委員長
畑中 聡
(株)ほけんラボ
副委員長
板崎 聖治
(株)タイヤサロン
(なんよタイヤサービス)
岡田 雄大 (株)イナミコーポレーション 宇和島支店
芝 祥平 (有)小川電機商会
西本 陽平 西本商店
則松 健 (有)エヌ・スタイル
古谷 公志 南予ガス協業組合
松浦 忍 栄自動車
山本 恵理 CLUB LUVES
若林 昭範 若林渡船
監事
中村 匡史
(有)中村設備
監事
井伊 勇二
骨付き鳥 四季
下口 翔平(YEG杯) 下口鉄工(株)

会員増強委員会

会員名 事業所名
運営専務
藤野 紀行
佐川印刷(株)
委員長
松岡 浩二
(有)和牛の店丸協
副委員長
三瀬 重幸
(有)宇和島コピーセンター
副委員長
三浦 将之
オフィス宇和島
((有)島原保険)
安藤 雅人 (有)アポトライ
いわまつ薬局
石河 康司 Jeras
岡野 太春 岡野工務店
櫻井 一博 (株)二宮工務店
田中 勝之 (株)Ai
浜元 隼人 浜元水産
兵頭 正紘
藤掛 路幸 (株)サプライズワン
三好 良貴 宇和島練り物工房 みよし
山田 健洋 たけまる

事業計画

1.基本計画

  1. 有能な実業人の養成に努める。
  2. 活動を通じて会員相互の親睦を図るとともに自己の向上を目指す。
  3. 異業種間の情報収集、分析をもとにより効果的な事業を行う。
  4. 希望あるまちの未来に向けて、可能性と創造性に挑戦する。
  5. 格調高い組織をつくり、地域経済の活性化に関与できるよう見識を深め意見の上申を行い、その実現化に邁進する。

2.実施計画

  1. 役員会は月例会の運営と事業推進について討議する
  2. 月例会の実施
  3. 委員会事業の推進。
  4. 各地、各方面への先進地視察・情報交換の実施
  5. 他団体並びに他地域の青年部との交流
  6. 愛媛県連YEG並びに日本YEGの催す各種事業への積極的参加
  7. うわじま牛鬼まつりへの積極的参加
  8. 第12回宇和島YEG杯中学校軟式野球大会の実施
  9. 地方創生に関する事業の実施
  10. 会員増強事業を行い、会員人数の拡大を行う。
  11. 平成30年度開催のYEG県大会宇和島大会に向けての準備を行う。
  12. 大学誘致に関する調査・研究
  13. 行政・有識者・講師との懇談会を開催。
  14. ホームページ運営の充実
  15. 宇和島商工会議所会頭への意見上申と関係方面に対する具申、建議を行う

委員会活動計画

地方創生委員会

『地方創生』この言葉を耳にしたことはあると思いますが、『地方創生』とは、地域振興・地域の活性化といったものを指しているそうです。

今年度、当委員会では、この『地方創生』をテーマに委員会活動を行っていきたいと考えております。

高齢化が進む社会において、やはり若い方が多く、元気な地域は町に賑わいがあると思います。そのようなことに関するイベント・委員会活動、その他にも、若い方だけの対象ではなく、地域で行っているイベント等にも参加し協力できるような委員会活動を委員会メンバーと協力して行っていきたいと思っています。

未熟者ではありますが、一生懸命務めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

(委員長 亀田 尚人)

広報委員会

広報委員会の28年度の活動計画としては、年に2回青風を発行しYEGの活動を報告する予定である。

また1月には新年会を行いOB会員との交流を持ちつつ、YEGの活動の報告などをしていけたらと思っている。

5月と2月には委員会で例会とアワーを行い5月には神社の作法について勉強をしてもらう、和霊大祭には直前会長が毎年参列をし、会長も御祈願に例年行っているとのことで、YEGとして神社に参拝する機会がありきちんとした作法を身に着けてほしいし、今後会員の皆が神前に於いてきちんとした作法ができるようになってもらうのが目的である。

2月には皆さんに一年間を振り返ってもらい各委員会に一年間の活動報告並びにその反省をしてもらう予定である。

以上が広報委員として主な活動予定である。

更に、私の個人的な活動目標は【子づくり推進】という目的がある。

去年は30周年の周年事業で色々と事業が忙しく家族サービスや子づくりができなかった会員や、交際相手と二人の時間がゆっくり持てなかったという会員の為にも、できるだけ家庭並びに恋人の時間を大切に持つことができるように考慮していきたいと思っている。

そして、宇和島の今後の未来にためにもたくさんの子づくりが行われたくさんの子どもができたらと心より願っている。

(委員長 渡部 太輔)

総務委員会

今年度、総務委員会は、三役会・役員会の資料作成、総会の進行・運営、会員手帳の作成、ホームページの運営、観月会、卒業式の企画・運営等を行っていきます。メンバーがスムーズに会議、また事業をこなしていけるよう、陰ながら精一杯努力していきますので、1年間宜しくお願いします。

(委員長 杉本 聡)

会員増強委員会

本年度、当委員会では平成30年度YEG県大会宇和島大会に向けての会員増強、会員個々の資質向上、人材育成を目的として活動していきます。

また、他団体との交流を図り、街の活性化、そして会の活性化と向上を目指していきます。

会員一人一人が自覚を持ち、会の発展につながっていくように委員会を進めていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

(委員長 松岡 浩二)

まつり特別委員会

まつり特別委員会は今年も警備隊・松明隊を編成し伝統ある「和霊大祭」そして「走り込み」を盛り上げるべく精一杯活動していきます。

今年でまつりの頭を2年続けて任命していただきましたが、去年一年間を振り返って良かった点・改善点が多数ありました。その両点を活かし怪我や事故の起きないように組織としてしっかり取り組んでいけるよう努力したいと思います。

警備・松明の成功のためにもYEGメンバー一丸となっての参加・協力のほどよろしくお願いします。

警備をするにあたりメンバー1人1人が責任感を持ち、クライマックスに松明の炎で勇壮な神輿を川に迎え入れましょう。そして最高の感動を全員で味わいましょう。

いざ出陣!

(まつり頭 木下 洋平)

YEG杯特別委員会

今年度、YEG杯特別委員長になった、下口翔平です。

第12回宇和島YEG杯中学校軟式野球大会を、11月5日、6日に開催します。

中学生にとっては、とても大きな、そして、大きく成長出来る大会だと思っています。

宇和島市内はもちろん、他県の中学校からも「大会に出場させて欲しい!!!」との声を多数頂き、出来ればたくさんの中学校に参加して貰えれば盛り上がるなぁと思っています。

第10回から続いている決勝戦でのチーム紹介では、他の大会では無い盛り上がり、声援、感動するような場面もあります。

今年も、野球をしている子供達の心に残る大会を、委員会メンバーが考えを出しあって、例年に負けないような12回大会にしたいと思います。

「来年もYEG杯に出たい!!!」そう思って頂けるよう、一所懸命取り組んで行きますので、YEGメンバーの皆さん、たくさんのご協力の程何とぞよろしくお願いします。

(委員長 下口 翔平)

県大会準備室

県大会準備室は、平成30年度に宇和島で開催されるYEG愛媛県大会を成功させる為に、企画運営をする委員会です。

今まで宇和島YEG で色々な素晴らしい事業を実施しています、その過去の事例を調べながら良い事は取り入れ又、反省する点は、十分に参考にしていきたいと思います。

我らが宇和島の特徴は、穏やかで人の温かさ、リアス式海岸に代表される綺麗な島と海、鬼ヶ城山系の豊かな自然、宇和島伊達藩を代表される歴史・闘牛、海の幸・山の幸を使った郷土料理があります。

これらをコンセプトに県大会の企画運営を考えていきたいと思います。

この委員会は、委員会メンバーを中心にして話合いは進めますが、オブザーバーとして色々な会員さんをお呼びしてご意見を聞きより良いものにして、これぞ宇和島YEGと言える県大会にしていこうと思いますので、皆さんのご協力ご支援よろしくお願いします。

(室長 井上 和也)

うわじま牛鬼 カナヘイ

広報宇和島YEG広報誌「青風」

PDFファイル PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。Adobeサイトよりダウンロード(無料)してご利用下さい。

青風

●平成27年度

●平成26年度

●平成25年度

●平成24年度

●平成23年度

●平成22年度

●平成21年度