労働保険事務組合のご案内

労働保険事務組合

労働保険事務組合制度とは、雇用保険や労災保険の加入手続き、保険料の申告、納付に関する手続、雇用保険の被保険者に関する手続等を軽減するとともに、 労働者と一緒に働いている中小事業主及び家族従事者も労災保険に加入できるメリットのある制度です。商工会議所では、国の許可を受け、会員サービスの一環として事務組合を運営しています。

労働保険とは

労働保険とは、雇用保険と労災保険のことをいいます。加入していれば、失業した時の失業給付や業務・通勤災害が発生したときの治療費・休業補償給付を受けることができます。
労働者を1人でも雇用する事業主は、加入が義務づけられています。

〇事務委託のできる事業主

常時使用する労働者が300人(卸売業は100人、小売・サービス業は50人)以下の事業主の方なら事務を委託することができます。

〇事務委託をした場合の利点

  •  事務組合が一括して事務処理をしますので事業主の事務が軽減されます。
  •  労働保険料を金額にかかわらず3回に分割して納付することができます。
  •  事業主や家族従業員も労災保険に加入することができます。通常、事業主や家族従業員は労災保険に加入することができませんが、特別加入という形で労災事故に対処することができます。

 

お問合せ先 : 宇和島商工会議所 労働保険事務組合 TEL22-5555

雇用保険資格取得届および資格喪失届(PDF形式)をダウンロードできます。

PDF形式をご覧いただくには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

ページトップ